スポンサーリンク

映画『ミステリと言う勿れ』の予告編、これは『犬神家の一族』への挑戦状か⁉︎

『ミステリと言う勿れ』(C)田村由美/小学館 (C)2023 フジテレビジョン 小学館 TopCoat 東宝 FNS27社

映画『ミステリと言う勿れ』が劇場公開され

この映画は、もともとテレビドラマだった作品を映画化(原作はコミック)、9月に公開が決まりました。
予告編を見る限り、映画『犬神家の一族』に似たシーンが登場し、ビジュアル的にも共通点があるようです。
まあこれは、ドラマもそうでしたが、オマージュが結構多かったので、遊び心、と思った方がいいのでしょうか。(それにしては、あまりにも似ているような気がしないでも…)

まず、元々はドラマとして放送されていた作品を、映画化することは、最近ではよく見られる傾向ですが、それでもなお新鮮な魅力があります。
原作がコミックであることも、映画に独自の視点や演出が、加わっているような気がします。
また、予告編には映画『犬神家の一族』に似たシーンが登場する事は言いましたが、『ミステリと言う勿れ』も同様のテーマを持っているようです。
予告編では、菅田将暉が「犬神家の一族?」と言っちゃってるし。
さらに、ビジュアル的にも映画『犬神家の一族』に似ていると言う事も興味深いです。
映画の視覚的な表現は、作品の雰囲気や印象を大きく左右する重要な要素であり、『ミステリと言う勿れ』が映画『犬神家の一族』に似たビジュアルを持つことで、作品の世界観や雰囲気に期待が持てそうです。
また、映画『ミステリと言う勿れ』には、オリジナル要素や新たな演出が加わっているのかどうかも気になる点です。
テレビドラマを映画化する際には、新たな映像技術や演出を駆使して、映画ならではの魅力を引き出すことが求められます。
そうした新たな試みが、どのように映画に反映されているのか、楽しみです。

予告編

コメント

タイトルとURLをコピーしました