スポンサーリンク

サイモンとガーファンクル「コンサート・イン ・セントラルパーク NY 1981」が5月2日深夜にオンエア!

今回の放送は、デジタル・リマスタリングされた、美しい映像で見る事が出来ます。
当時、僕はテレビでオンエアされた、このコンサートを見て感激、2枚組のライブ・アルバムも買いました。

コレ(↓)買いました!

Amazonで詳しい情報を見る(CLICK!)

若い世代の人には、あまり馴染みがないかも知れませんが、サイモン&ガーファンクルは、アメリカのフォーク・デュオであり、その独特のハーモニーと歌詞の深さで世界的な人気を持ちます。
1981年9月19日、彼らはニューヨークのセントラルパークで行ったコンサートで、約50万人の観客を魅了し、その後の音楽史に名を刻みました。(ウッドストックが40万人なので、このコンサートの偉大さが分かります)

【コンサートの背景】

1981年のセントラルパークでのコンサートは、二人の活動休止後、10年ぶりの再結成コンサートでした。
彼らの音楽は、フォーク、ポップス、ロックなどの要素を融合させたものであり、多くの人々に深い感動を与えてきました。
再結成によるこのコンサートには、ファンの期待が高まり、ニューヨークのセントラルパークには多くのファンが集まったのです。
その数なんと50万人!

【コンサートの開催と演奏内容】

その夜、セントラルパークのグレート・ローンで、サイモン&ガーファンクルはコンサートを開催した。約50万人の観客が集まり、熱気に包まれました。
コンサートでは、彼らのヒット曲や代表曲を中心に、数々の名曲が演奏され、特に『ミセス・ロビンソン』『Tボクサー』『明日にかける橋』などの名曲が披露され、観客は歌に酔いしれました。
また、セントラルパークの美しい夜景とのコラボレーションもあり、圧倒的なステージングと演奏が観客をさらに魅了したのです。

【演奏の評価】

このコンサートの評価は、まさに伝説的なパフォーマンスであったと言えるようです。
再結成後のサイモン&ガーファンクルは、10年以上のブランクを感じさせないほどの高い演奏技術とハーモニーを持ち合わせており、特に、ポール・サイモンの透明感あふれる歌声と、アート・ガーファンクルの独特な高音のハーモニーは圧巻であり、コンサート会場を包み込むような雰囲気を作り出していました。
また、曲の選曲も見事であり、ヒット曲や代表曲を中心に演奏され、観客は懐かしさと感動を、同時に味わう事が出来たのです。
特に、『明日にかける橋』(Bridge Over Troubled Water)の演奏では、アート・ガーファンクルの圧倒的な歌唱力が光り、会場に感動の渦を巻き起こしました。
さらに、セントラルパークの美しい夜景との相性も抜群であり、ステージングや照明の演出も素晴らしく、観客は、自然に囲まれながらの音楽を楽しむことができ、一夜限りの特別な体験を共有したのです。

【コンサートの影響】

このセントラルパークでのコンサートは、その後の音楽史に大きな影響を与え、再結成後のサイモン&ガーファンクルの活動は、このコンサートをきっかけに再び注目され、彼らの音楽の人気は再燃しました。
また、このコンサートの成功は、再結成ライブのブームを作り出し、他のアーティストにも多大な影響を与え、多くのミュージシャンが再結成ライブを行うきっかけとなったのです。
再結成ブームのきっかけが、実はこのコンサートで、それが今でも語り継がれる【伝説のコンサート】の由来なのです。

NHK BSプレミアム 2023年5月3日(水)午前0:30 ~ 午前2:00 (90分)見逃し厳禁です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました