スポンサーリンク

特報!通称『エブエブ』がU-NEXTで独占配信!このGWに視聴できます!

3月公開の話題作『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が早くも登場!

【(c) 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.】

5月3日(水)12:00よりU-NEXTで配信。価格990円、ただし会員は1200円分のポイントがもらえます。

U-NEXT

(31日間無料体験でも600円のポイントが貰えます。↑ )

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、2023年公開の映画で、マルチバースという荒唐無稽なSFをベースに、アート風のトーンや奇抜な演出を駆使し、まさに多様な顔を持つ作品となっています。

一方で、複雑なストーリーやシーンの多様性などから、一部の観客からは理解しにくいという声も上がりました。
しかし、この映画は創造性や芸術性が高く、アカデミー賞で、作品賞を含む7部門受賞という快挙を成し遂げました。
この作品がアカデミー賞で7部門も受賞したことは、インでペンデント系では快挙、映画の新たな表現の可能性を示すものとしても注目されています。

この映画は、LGBTQのテーマやアジア系移民の視点に焦点を当てた作品としても注目されており、現代社会における多様性と包容力の重要性を訴えかけるメッセージが込められています。
多様な文化や背景を持つ人々が直面する問題にも触れ、社会的な意義を持っています。

▶︎▶︎▶︎ ミシェル・ヨーが演じる主人公エヴリンは、所有するコインランドリーの経営苦にあえいでいると、夫ウェイモンドに突然マルチバースの異世界に連れていかれます。
普段は気弱で優柔不断なウェイモンドが、タフで頼れる男になっている世界が描かれ、エヴリンもカンフーマスターさながらの能力に目覚めて行きます。

このストーリーは、現実世界とはまったく異なるマルチバース(ちょっと前まではパラレル・ワールド)の世界で、奇想天外な冒険を描いています。
普段は自信がなく優柔不断な人物が、異世界で大きな変化を遂げ、新たな一面を発揮するというストーリー展開は、見る人を感動させます。

また、カンフーマスターさながらの能力を身につけたエヴリンの姿は、女性の力強さと強さを象徴しています。
異世界での彼女の成長は、観客に勇気と希望を与え、同時に現実世界における多様性と包容力の重要性を訴えかけるメッセージを伝えています。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、奇想天外な世界観と、現実社会における重要なテーマが絡み合った、魅力的なストーリーです。
映画を観ることで、新たな発見が得られるかも知れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました